【PR】マーケターとして真面目に勉強しよう ~こども保険編~

NOWAY
Pocket

読者の諸君、大変ご無沙汰している。
大人気のソーシャルリスニングで遊ぼうシリーズだが、前回アカウントを取り上げられてしまい、タフな交渉の結果、なんとかアカウントは返してもらったのだが、交換条件としてソーシャルリスニングをもっと世の中のためになるよう使うようにということになったため、今回から心を入れ替えてまじめに勉強をしようと思う。

さて、今回は私がマーケティングをご支援させていただいている、愛情たっぷりこども保険についてお勉強をしていこうと思う。
※この記事はカーディフ損害保険会社の提供でお送りいたします。

まず、こども保険とは何かということになるだろう。
日本では少子化が社会問題になっているが、厚生労働省の2014年のデータでは出生率が0.8とかなり深刻な状況という話は聞いたことがある人もいるだろう。
原因は何か?という議論はいろいろとされているが、その一つに、子育ては大変なものであるというのが含まれるだろう。最初の子育ては親にとっては未体験ゾーンであり、どのような大変さがあるかということ自体想像もできないのではないだろうか。

金銭的な負担についても、子供一人を育てるのにはどのくらいかかるかなどといった記事を目にすることもあるが、一体何にいくらかかるのかということもわからないだろう。
また、想定していない出費も相当あるのではないだろうか。例えば、子供の怪我や事故が起きたときどんなことが起きるかなど、様々な不安要素が重なると、そもそも結婚・出産に踏み切るのは大変なのかもしれない。
こういった状況をなんとかするということは、国や政府の大きなトピックの一つで、政府から出生率1.8という指針も出されている。

このように子育てには様々な不安が付きもので、その不安要素に備えるのためのものがこども保険なのである。
では、こども保険というのはどのような特徴があるのかということを項目別にまとめてみよう。

こどもへの医療費助成とこども保険

少子化対策ということで、自治体は子育て支援を行っているが、医療費助成もその一つである。
そもそも健康保険の範囲で小学生未満であれば2割負担で済み、さらに自治体によって内容は異なるが、その2割の一部もしくは全額を助成するという内容になっているのだ。
それでは、こども保険に入る必要がないのかというとそうとも限らない。医療費助成の適用範囲は健康保険の範囲となる。医療費助成ですべて賄えるということではない。

例えば子供が入院した場合、医療費以外にも出費は発生する。ベッド代はその代表的なものとして挙げられるだろう。また、交通事故など第三者行為によるものは対象にならない場合もある。
つまり、実コストをすべて助成金で賄うことはできないということになる。

こども保険では、交通事故なども保障対象になっており、医療費助成の適用外の部分もカバーすることができるのだ。

病気や怪我以外にも保障の対象になるこども保険

こども保険は一般的に考えられる病気や、事故による怪我以外にも保障をしている。子供が器物や他者に損害を与えてしまうということも大いに考えられるからだ。

例えば、遊んでいる最中に高価なものを壊してしまった、などということもある。私も子供の頃、空き地で石を投げて遊んでいたら通りかかった車に命中してドアがへこんでしまったことがある。私の親がどのように弁済をしたか知る由も無いが、このようなリスクは常に存在しているものなのだ。

私の場合は物損だったが、これが対人への損害であった場合はもっと話がややこしくなるだろう。場合によっては多額の賠償が必要となるケースも想定される。
こども保険はそうしたリスクにも備えることができるのだ。

積み立て式の保険も

保険は基本的にトラブルが起こらなければ無駄になる(望ましいことだが)ものだが、積み立てを併用している商品も存在する。ある一定の満期になるとまとまった金額がボーナスとして還付されるのだ。

【PR】カーディフ損害保険会社が提供する「愛情たっぷりこども保険」とは
といったように、いくつかこども保険にはポイントがあるようだ。保険の商品はいろいろな会社から沢山リリースされているので、実際にどのような違いがあるのかというのを具体的に調べていく必要が有るだろう。我々のクライアントである、愛情たっぷりこども保険でも上記のような特徴がある。月々3,500円とリーズナブルで、入院や損害賠償責任にも保障が付いている。損害は最大1億円まで保障されるのだ。また、ボーナスの額は5年毎に10万円と、まとまった金額が受け取れるというのも嬉しい話ではないだろうか。

jevnail_banner

このように今回はこども保険について学んでみた。
子供向けの保険としてもう一つ有名なのに学資保険というものもある。こども保険は子どもの医療保障を主な目的としているのに対して、学資保険は教育資金の準備をするのが主な目的となる。
いずれにしても子育てには不安が付きものだが、リスクや不安を解消するために様々な保険商品があるので、一度詳しく調べて、気になったら問い合わせてみると良いだろう。
何も無いのが一番だが、教育のためにも子供は気にせず、のびのびにというのが一番ではないだろうか。ましてやこどもに安全第一という概念は無い。
皆さまも子供のリスクについて是非考えるきっかけにして欲しい。

最後に、今回勉強したこども保険について愛情たっぷりこども保険のURLを紹介しておくので、是非サイトをチェックして資料請求してみてはいかがだろうか。
URL:https://shop.cardif.co.jp/kodomo

P.S. 私は独身である。

N0000JD0874(2015.12新)

Pocket

The following two tabs change content below.
NOWAY

NOWAY

ウフルのOB(2016年1月末卒業)。1980年岡山県出身。青山学院大学ビジネスクール(ABS)卒。MBA、PMP(R)、プロキックボクサー(現役、NEXTLEVEL渋谷成田組所属)。専門分野はプロジェクトマネジメント。ただいまウフルシック中。
まずは事例を見てみる

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です